からんさ(花蘭咲)の正しい使い方を知らないと効果は全くなし!

からんさ(花蘭咲)の使い方について

からんさ花蘭咲)は女性用育毛剤では業界トップクラスでCMでも連日放送されている大ヒット商品です。

 

 

そんな中、使い方・使用方法がとても大切になってくることは意外と知られていません。

 

からんさの口コミで「効果なし・実感できない」と言っている中には使い方が間違っている方が大勢いることが分かりました。

 

ここでは、からんさ(花蘭咲)の使い方について詳しくお伝えしていくことにします。
これを知らずにいると、効果が実感できない可能性が高くなってしまうのでぜひチェックしておくようにして下さいね。

 

からんさ(花蘭咲)の正しい使い方とは?

 

洗髪後に使用すること

 

 

からんさ(花蘭咲)に関わらず育毛剤はキレイな頭皮に使用するのが基本中の基本です。
頭皮の毛穴が詰まっているような環境だとせっかくの育毛成分が浸透しないのでそれだけ効果が弱まってしまうことになります。

 

からんさは洗い流す必要はないのでお風呂上りに使用してそのまま就寝するのが正しい使い方となっています。

 

朝シャンした方が良いの?

 

からんさは朝と夜の1日2回のケアが基本です。

 

 

朝のシャンプーは頭皮に悪いともよく聞きますし、どうしたら良いの?ということについてですが

 

「朝シャン」がおすすめです。

 

朝シャンすることで頭皮のバリア機能が落ちてしまうということが言われていますが、朝に適したアミノ酸シャンプーを使用することで頭皮への悪影響を避けることができます。

 

アミノ酸系シャンプーは1,000円程度で販売しているので頭皮のケアを機会に検討してみても良いかもしれませんね。

 

シャンプーにまでお金をかけることができない方はシャンプーの後にコンディショナーでしっかり頭皮と髪の毛をコーティングしてあげれば特に問題とはなりません。

 

そもそも朝シャンと薄毛・抜け毛の因果関係については証明されているわけではないので過剰に気にする必要はないと思います。

 

それよりも頭皮の衛生状態が保たれた状態で、からんさ(花蘭咲)を正しく使用した方が抜け毛・薄毛予防にはずっと効果的です。

 

抜け毛を気にしてシャンプーを避けている方がいますが、頭皮が汚れて薄毛の原因となってしまいますのでこれだけはやめて下さい。

 

からんさを頭皮にプッシュする

薄毛が特に気になる頭頂部・前頭部に3プッシュ〜5プッシュします。

 

 

この時にケチに使うと効果が薄れてしまうことがあるので確実に3〜5プッシュは行うようにしましょう。

 

髪の毛ではなく頭皮に染み込むイメージで丁寧にプッシュしていきます。

 

側頭部にも5プッシュ程度

側頭部が薄いという女性は少ないとは思いますが、悩みの部位でなくともしっかりケアしてあげることが大切です。

 

 

薄毛のつむじだけじゃなくて、頭皮全体を丁寧にケアするようにして下さい。

 

例えば薄毛部分だけをケアしようとしてもなかなか上手くいかないのは、頭皮は全体で1つの役割を果たしているからです。

 

頭皮の1つの領域(つむじ)だけが活性化するなんてことは考えづらく、頭皮全体が元気になることで抜け毛や薄毛がケアできるようになります。

 

気にならない箇所かもしれませんが、頭皮のケアには大切なことなのでしっかり行なって下さいね。

 

マッサージをしながら頭皮全体にエキスを揉む込む

最後に頭皮をマッサージしながらエキスを揉みこんでいきます。

 

 

マッサージは2分〜5分程度で大丈夫なので必ず行うようにして下さい。

 

頭皮のマッサージには血流を促進する効果があるので発毛に直結する方法となりますので、面倒に思わずにお最後の締めに行うようにしましょう。

 

⇒からんさ(花蘭咲)の公式サイトはこちら

 

ドライヤーは洗髪後なの?からんさ(花蘭咲)の後なの?

 

洗髪をして、からんさ(花蘭咲)を使用するのですが、ドライヤーはどのタイミングで使ったら良いのでしょうか?

 

 

その答えはズバリ「からんさ(花蘭咲)」の後です。

 

育毛剤の使い方を紹介しているサイトの中には洗髪後に使用すると説明しているものもありますが、からんさ(花蘭咲)に関して言うならそれは正しくありません。

 

洗髪後はタオルドライをした後にからんさ(花蘭咲)を使用するようにしましょう。
頭皮が湿った状態の方が発毛成分が浸透しやすいのでおすすめです。

 

成分が水と混ざって薄まるなんて言っている人もいますが全く育毛剤のことを知らない人達ですね。

 

ボディクリームなども入浴後に体も拭かずに塗り込む方が浸透力が高いとされていますよね。
頭皮も皮膚ですので同じ理屈で、水分を含んでいる状態の方が適しています。

 

ドライヤーは、からんさがしっかり頭皮に染み込んでから行なうとベタつきなくサラサラヘアーで1日を過ごせますよ。

 

1日3回使うとさらに頭皮が清潔になる

花蘭咲の目的は頭皮を清潔に保つことにあるので、常にキレイに潤っている状態が理想的です。

 

 

「頭皮がかゆくなってきた・乾燥してない?」など気になった時には1日3回使うこともよくありました。

 

朝・昼・夜と3回使用すれば頭皮が乾燥する暇もありませんし、常に清潔な発毛環境が維持されていることになります。

 

こまめに手入れできる方は私と同じように1日3回使用してはいかがでしょうか?

 

 

間違った使い方について

 

 

1日1回だけの使用する人

 

からんさ(花蘭咲)は1日2回の朝と夜に使います。
1日1回ではそれだけ効果が弱くなってしまうと思って間違いありません。

 

最低でも朝と夜のケアは行うようにして下さいね。

 

1日1回のケアと2回のケアでは数ヶ月という長期間となれば差が付いて当然です。
最低でも朝と夜の2回は使うようにしないともったいないです。

 

 

発毛環境が不衛生

 

皮脂や毛穴汚れなど不衛生な頭皮の状態で、からんさを使用すると頭皮の奥まで成分が浸透できなくなってしまいますので本来の効果が得られないかもしれません。

 

洗髪してキレイな頭皮でからんさ(花蘭咲)を使用するようにしましょう。
不衛生な頭皮は抜け毛・薄毛の原因となってしまいますし、常に清潔さを保つことが大切です。

 

ケチに使っている

 

育毛剤を長持ちさせたいからと少なくプッシュする人もいるみたいですが、全く無駄なことなのでやめて下さい。

 

多少は長持ちするかもしれませんが、1回の効果が弱まってしまうので意味がありません。
からんさ(花蘭咲)は120mlの内容量で約1ヶ月で終わらせるのが理想的な使い方です。

 

開封後の使用期限は約3ヶ月ですので長持ちさせすぎると消費期限が過ぎて使えなくなってしまいます。
1日10〜15プッシュしても余裕で1ヶ月は持つのでその点は安心して下さいね。

 

頭頂部や前頭部だけにプッシュする

 

頭頂部のつむじや前頭部は薄毛が特に気になる箇所だと思います。
反対に側頭部・後頭部などは抜け毛や薄毛が少ない箇所ですが、からんさは頭皮全体にしっかり浸透させるのが正しい使い方です。

 

頭皮は1枚の皮膚で覆われているのつむじの部分だけが元気に活発になるということではなく、頭皮全体が活性化することで女性の抜け毛や薄毛の悩みが解消できます。

 

気にならなくても頭皮全体を元気にすると思って育毛剤を使用するようにして下さいね。

 

マッサージをしない

 

からんさはマッサージまできちんと行ってこその正しい使い方です。
たった2分〜5分程度のマッサージですがこれをサボってしまうと効果は半減すると思って下さい。

 

頭皮マッサージは血流を良くしてくれるので髪の毛の悩みにはすごく効果的です。
からんさの育毛剤の成分とマッサージの相乗効果で悩みを解消できるということを覚えておくようにして下さいね。

 

薄毛に悩む女性が毎日の頭皮マッサージだけで悩みが解決できたという事例もいくつもあるので、すごく大切なポイントだということですね。

 

からんさ(花蘭咲)の詳細はこちら

 

 

からんさ(花蘭咲)の効果が実感できる期間とは?

正しい使い方を実践していても育毛剤の効果を実感できるには一定期間必要です。

 

髪の毛が生え変わるヘアサイクルの期間を考慮しても3ヶ月〜半年は続けてほしいところですね。

 

 

公式サイトではまずは6ヶ月間試してみるということが推薦されていますので半年間地道に継続するのが一番おすすめだと思います。

 

正しい使い方ときちんと継続するということが、からんさ(花蘭咲)の効果を得る重要なポイントとなることが分かりましたよね。

 

使用方法は簡単ですので、毎日丁寧に行なうことが正しい使い方のコツとなります。

 

 

⇒からんさ(花蘭咲)の公式サイトはこちら

page top